【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

農村公園フルーツパークにきは、仁木町にあり札幌から車で1時間30分程度で行ける距離にあります。

公園内には、りんごやさくらんぼ色々な果物が栽培されており、道内で一番長いジャンボ滑り台も設置されています。

その他にも、屋内と屋外にもキッズスペースコテージやキャンプサイトなど宿泊もできる場所もあり、札幌や近隣の地域からも人々がくる家族で楽しめる人気のスポットになっています。

駐車場トイレ幼児用遊具
水遊び×芝生広場炊事場

農村公園フルーツパークにきの遊具

農村公園フルーツパークにきの遊具は、無料で利用できる屋外と屋内に遊具が設置してあり屋外は小さい子から遊べるコンビネーション遊具全長153mのジャンボ滑り台などがあります。

屋内も小さい子から遊べ、大型ブロックやおもちゃボルタリング遊具など天候を気にせず遊べるようになっています。

屋外遊具コーナー

珍しい滑車付きコンビネーション遊具

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

屋外のキッズスペースには、コンビネーション遊具2基設置されています。

こちらはそのうちの1基で、アスレチック要素が多めの遊具になっています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

遊具には滑車遊具や双眼鏡など子供心をくすぐるようなギミックが多数ついています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

裏には滑り台も設置してありますが、この遊具は小さい子だとちょっと登るのが大変なので付き添って遊んだほうがいいと思います。

木製コンビネーション遊具

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

滑車付きのコンビネーション遊具の他に、木製の遊具も設置されています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

こちらもアスレチック遊具が多めで小学生向きの遊具になっています。

全長153mの北海道一長い滑り台

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】


フルーツパークにきに北海道で一番長いジャンボ滑り台があります。

滑り台は無料で利用でき、高台の上にあり高低差を利用した滑り台になっています。

傾斜は思ったよりついていなくスピードも丁度いい感じで滑られようになっています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

滑り台は、そのまま滑ることも可能ですが、滑り台マットもレンタルしており1枚100円で借りることができます。

そのままでも滑ってみましたが、結構長い距離を滑るので何回か滑っているとお尻が痛くなってきます。

何回か滑るならマットのレンタルがおすすめです。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

全長153mの滑り台ですが、途中で途切れた形になっており前半を滑り終えて、途中で後半の滑り台に乗り換える形になっています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

後半は意外に傾斜がついているので、そこそこスピードがでるようになっています
 
終着点には砂場があり、勢いよく滑っても比較的安全に着地ができるようになっています。

公園頂上の展望台からの眺めも最高!

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

ジャンボ滑り台の近くには展望台が建っており、休憩所や展望デッキが設置されています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

展望デッキからは、仁木町や余市町の街並み日本海なども見ることができます。

園内に色々な果実が!

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

ジャンボ滑り台の道中には、色々な果物の木が生えてお景色だけではなく実際に果実がなっている姿も楽しむことができます。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

リンゴプルーンなどかなり間近で見ることができます。

※勝手にとるこはできないので注意してください。

屋内遊具

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

フルーツパークにきのセントラルハウスには屋内のキッズスペースや食事処などがあり、天候などを気にせず過ごせる場所があります。

広々としたキッズスペース

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

セントラルハウスを正面にし、入館し右側の方に行くとキッズスペースが設置されています。

おもちゃ・おままごとコーナー

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

おままごとコーナーおもちゃコーナーなどもあります。

絵本コーナー

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

小さい子が読める絵本なども!

アスレチックコーナー

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

キッズスペースには、ポイントを競えるクライミングウォールが設置してあります。

壁のボタンが光るので、それを押して競うような形になっています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

その他にも幼児でも遊べるクライミングウォールや大型ブロックなども設置してあります。

ビュッフェやアイスクリームも!

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

セントラルハウスの中には『ベリーベリーカフェ』というランチビュッフェが食べられるところがあり、仁木町を一望しながらビュッフェを楽しむことができます。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】
【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

また、屋外にはオープンテラスがあり、ここで食事をとることもできます。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

ランチビュッフェは合わせて40種類の料理やスイーツが並び食べ放題になっており、料金も比較的リーズナブルな値段になっています。

営業時間は11時~15時(平日)、11時~16時(休日)の日中の営業になっており、営業期間も4月~10月となっているので期間や時間は限定的となっているので行く場合は気をつけてください。
 
詳しくは、フルーツパークにきのベリーベリーカフェを参照してください。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

また、ソフトクリームも販売されており、種類はミルク・仁木ブルーベリー・ミックスがあります。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

今回は、仁木ブルーベリー単体が機械故障で買えなかったのでミックスを購入しましたが、濃厚かつ仁木ブルーベリーがさっぱりしていて、とても食べやすいソフトクリームになっています。

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

その他にも園内でとれた果物などが販売されており、購入後外で食べることもできます。

育苗温室

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

セントラルハウスには育苗温室があり、無料で入場することができます。

色々な花や木などが展されています。

コテージやキャンプサイトも!

コテージは充実設備

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

フルーツパークにきの園内には、山腹の辺りにコテージが建っており、それぞれにフルーツの名前がついています。
 
コテージはいくつか建っており、バリアフリー完備のコテージもあります
 
宿泊も6名ほどで1万5千円前後の値段設定となっているので、リーズナブルな値段で宿泊ができます。
 
BBQセットや炊飯器などのレンタル(有料)もしているので、手ぶらで気軽にくることもできるようになっています。
 
詳しくは、フルーツパークにきのコテージ情報を参照してください。

キャンプサイト

【仁木町】農村公園フルーツパークにき【大人も子供も楽しめる全長153mのジャンボ滑り台】

2021年にフルーツパークにきにキャンプサイトが新規オープンし、お泊りキャンプや日帰りキャンプができるようになりました。(有料)
 
テントは持ち込みになりますが、コテージと同様に手ぶらで来てもBBQセットなどもレンタル(有料)ができるので気軽に来ることができます。
  
詳しくは、フルーツパークにきのキャンプサイト情報を参照してください。

RVパークエリア

2023年4月にオープンした『RVパークエリア』は、農村公園フルーツパークにきの駐車場の一画(8台程度)を有料で開放し、快適に車中泊ができるようになっています。

1区画2500円/日
電気代500円/日
ゴミ袋500円/袋
利用料金

ご予約や詳しい内容については、農村公園フルーツパークにき(TEL0135-32-3500)までお問い合わせください。

農村公園フルーツパークにきのオススメポイント

・全長153mの超ロング滑り台

・屋外には遊具広場、室内にも充実遊具スペースがある

・子供も楽しめるビュッフェがある

・コテージやキャンプサイトがある(有料)

農村公園フルーツパークにきの基本情報・アクセス

施設名  農村公園フルーツパークにき
駐車場あり(無料)
住所〒048-2411 北海道余市郡仁木町東町16丁目121
こちらの記事もおすすめ!

▼【2023年最新版】札幌市内おすすめ公園10選!大きい公園や充実遊具がある公園を紹介!▼


▼【2023年最新版】札幌市内&近郊おすすめ屋内遊び場スポット 季節&天候関係なし!▼

▼【2023年最新版】札幌市内&近郊の水遊び場スポット おすすめ水遊び場はここだ!▼

▼【2023年最新版】札幌市内ランチ&ディナーのビュッフェ食べ放題 子連れでも安心なお店▼

▼【2023年最新版】札幌市内のキッズスペースがあるお店&カフェ14選▼

コメント